概要・沿革

社長ご挨拶


代表取締役社長 竹本 孝司

 平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。伊藤ハムウエスト株式会社は九州・中四国地区に根差した事業展開を目的に、2011年に伊藤ハム株式会社から分社・設立いたしました。
 グループの中では数少ない製造・販売の両事業を有し、伊藤ハムの伝統を受け継ぎつつ、常に新しいことに挑戦できる環境をもった会社です。
 2013年には食肉の販売を主とするグループ会社の一部営業所を統合し、食肉及び加工食品一体となった強固で競争力のある販売体制を構築し、変化の速い市場環境に対応しています。2019年には、中四国地区の加工食品事業の営業部門を伊藤ハム販売株式会社へ、食肉事業の営業部門を伊藤ハムミート販売西株式会社へ移管し、九州地区により特化した事業活動を行ってまいります。
 これからも、お客様のニーズにきめ細やかに対応し、安全・安心な商品を提供してまいりますので、皆様の尚一層のご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

事業内容 ハム・ソーセージ、調理加工食品、 食肉、惣菜類の製造および販売
設立 2011年7月
代表者 代表取締役社長 竹本 孝司
本社所在地 佐賀県三養基郡基山町大字長野970-1
資本金 9,000万円(伊藤ハム100%子会社)
売上高 804億円(2018年3月期)
従業員数 391名
事業所 本社
佐賀県三養基郡基山町
営業拠点
九州地区の主要都市に約13ヶ所
生産拠点
九州工場(佐賀県三養基郡基山町)

沿革

1967年 伊藤ハム九州工場として開設(敷地面積:37620㎡)
1968年 ウィンナー・ハムソーセージ生産開始
1973年 ハンバーグ・ミートボール生産開始
1985年 チキンナゲット生産開始
1989年 連続レトルト殺菌ライン導入
1998年 HACCP承認
2005年 ハンバーグ・とんかつライン増設 物流センター(九州LC)開設
2011年 伊藤ハムの加工食品事業における九州・中四国地区に根差した事業展開を目的に、分社化。伊藤ハムウエスト株式会社設立。
2013年 伊藤ハムの九州・中四国地区の食肉事業を順次移管
2019年 中四国地区の加工食品事業の営業部門を伊藤ハム販売㈱へ、同じく食肉事業の営業部門を伊藤ハムミート販売西㈱に移管